LMT

2006.8月、新たな風が吹いた。
3ピースR&R、LMT。
ナオト(Vo&Gu)が唄い掻き鳴らし、ヒデ(Ba&cho)がうねり奏で、コウヘイ(Dr&cho)が刻み叩く。
腐った社会への世直しだとか、神手を差し出すとかどうでもいい。
結果そう感じる否かは俺達じゃない。
単純に秘めたる芯から出る鼓動をR&Rデカイ音で演れたらいい。
3人が走ってきた道は真実だし、振り返ることは無意味だろう。
刺激的表現者でありたいし、その音はオトナだったり
ガキのままくさかったり、ある種スタンダードと言えるシンプルスタイルR&Rと聴けば、
古くも新しくも感じるだろう。

「LIMIT」=「限界」というコトバがある。
そんな「限界」の一言で片付けてしまうには、進んでいけないことがある。

「愛( I )」「哀( I )」・・・。

愛はこの手で探す。哀しみは背に十字刻んだ。

R&Rは世間社会や学校、辞書で説明するに難い。
誰も教えちゃくれない。感じるもの。
LMTもそんなコトバ。

同じようで反骨精神でありたい。
違う色達が輝きを魅せる。夫々の色が一つの音へ。

だからR&R。LMT始まる。